[要注意]オーストラリアワーキングホリデイ 残高証明の提出が必要になりました!!!!!

Abroad

先日、オーストラリアのワーキングホリデイビザを申請してると見たこともない文字がでてきました。何だろうなと思い調べてみると、、、、、、。

1555992931376
Provide evidence that you have sufficient funds for personal support during your stay in Australia (approximately AUD5000) and evidence that you have sufficient funds to purchase a return or onward ticket for a fare to depart Australia at the conclusion of your stay (in addition to your funds for personal support while in Australia).

これから、オーストラリアのワーホリ行きたいって人は、めちゃくちゃ大事なので、しっかりと読んでおいてください。

4000豪ドル+帰りのチケット代 約5000豪ドルの残高証明が必要に!!!!

2019年4月17日の申請分よりオーストラリアのワーキングホリデービザ(ワーホリビザ)申請の際に残高証明書の添付が必須になりました。

1555992931376
Provide evidence that you have sufficient funds for personal support during your stay in Australia (approximately AUD5000) and evidence that you have sufficient funds to purchase a return or onward ticket for a fare to depart Australia at the conclusion of your stay (in addition to your funds for personal support while in Australia).

上記には、オーストラリアで住むのに必要なお金+帰りのチケット代合わせて、約5000豪ドル(約50万円)を銀行の残高に入っているか証明する必要があるというものです。

ただし規定が変更して間もなく、移民局の判断基準がまだ明らかはないようなうので、出来るだけ大きい金額を証明したほうがよさそうです。

*残高証明書は、英文で発行する必要があります。(手数料1000円ほどかかります。)

どこで残高証明を発行するのがいい?

銀行によって、手数料やら、かかる時間が違います。

各銀行の残高証明書発行手数料

ゆうちょ銀行 510円

三菱UFJ銀行 756円(郵送、店頭受け取り可。即日発行も可能な場合あり)

みずほ銀行 756円

三井住友 846円(一週間後郵送)

ダントツで、ゆうちょが一番安いですね。そして、ゆうちょなら郵便局で混み具合にもよるでしょうが、1時間ほどで即日発行できます。

ネットバンクでもできるらしいですが、郵送なので、十日ほどかかるので、すぐ欲しいって方はやめておいたほうが良いかと。

銀行 or 郵便局で発行する際に以下のものが必要です。

  • 通帳 
  • 銀行届け印
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートetc…)

お忘れなく!!!

[超重要]ワーホリ行く前に50万貯めときましょう!!!!

今まで、オーストラリアのワーキングホリデイに行く人は、残高証明を提出必要もなく、10万ほど日本で貯めたらすぐオーストラリアに行き、向こうで稼ぐ人が多かったですが、残念ながら、そのようなことはもうできません!!!!!

実際、僕の友達はそんな感じでした。(羨ましい、、、、。)

これから、しっかり計画を立てて、申請する必要がありそうです。

しっかりと5000豪ドル(約50万円)貯めてから、残高証明を発行し、ビザを申請するようにしましょう。

オーストラリアにワーキングホリデイする人が減るかも?

50万円貯めないといけないので、めちゃくちゃ大幅にオーストラリアのワーホリビザを申請する人は減らないでしょうが、間違いなく少しは減ってしまうのではないかと思います。

何かと自分で申請するのは、大変なので、僕が参考にしたサイトを貼っておきます。

2018-2019年【オーストラリア・ワーホリビザ申請】自分でやる人向け
この記事では、オーストラリア ワーキングホリデイ・ビザを自分で申請する方法をご紹介します。 ワーホリビザの申請 ...
ワーキングホリデービザ申請方法 —  ビザ取得マニュアル2018年版 手順2
オーストラリアのワーキングホリデービザ申請方法を実際の画面と対比しながら手順を紹介する無料のビザ申請マニュアルの2ページ目です。

また規定が変わったりするかもしれませんので、度々チェックするのが良いかと思います!!!

それじゃあ、またね!!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました